このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道枝幸町のご紹介

株式会社 North Fairies(ノースフェアリーズ)は北海道食彩マルシェ ようせいの贈りものの運営会社です。 その本社のある北海道枝幸町を少しご紹介させていただきます。

枝幸町は平成18年3月20日、枝幸町と歌登町が合併し、現在の「枝幸町」が誕生しました。海の町と森の町が合併したことで、より豊かな自然を持ち、そこから生まれる恵みを享受できる町として、産業にもさらに活気が溢れています。約51kmにわたりオホーツク海に面した枝幸地区では漁獲量日本一の毛ガニをはじめ、多くの水産物が水揚げされています。四方を山稜で囲まれた歌登地区では、緑豊かな「癒しの森 音夢路」や「うたのぼり健康回復村」で心も身体もリフレッシュすることができます。

枝幸町は、北海道宗谷総合振興局管内では最南部に位置し、北・西・南には山林が、東側にはオホーツク海が広がっていて、町の面積は1115.68㎢、その面積の81%は山林が占めています。気候は、夏は沿岸部は比較的涼しいのですが、内陸部はしばしば夏日・真夏日になることも。冬は内陸部を中心に氷点下30度を下回ることもあり、オホーツク海に面した沿岸部には流氷がやってきます。流氷は豊かなプランクトンを運び、漁業資源をもたらします。また、有名になって久しい流氷の天使「クリオネ」も流氷の恵みによるものです。

IMG_1709

IMG_0814

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事