このエントリーをはてなブックマークに追加

シシリアンルージュの3大特徴

生で食べるなんてもったいない「シシリアンルージュ」

シシリアンルージュの三大特徴

●一流シェフの本格的な味がご家庭で
シシリアンルージュは調理してもトマトの中の水分が逃げず(水分が果肉から分離しにくい)、オリーブオイルやサラダオイルをトマトの果肉の中に取り込む特徴があります。そのため「トマトの旨み成分」(グルタミン酸)と「オイルのマッタリ感」とが絶妙に絡み合い、濃厚で官能的ともいえる味わいになるのです。ご家庭でも一流シェフが作ったような本格的な味が楽しめます。

●調理が簡単・すぐできる  果肉が程よく柔らかく、濃厚で水っぽくないため、調理をする際、煮込みや味付けに手間暇がかかりません。シシリアンルージュを使ったトマトパスタは、パスタを茹でている間に、ガーリックとオリーブオイルとハーブのみで完成してしまうほど簡単&スピーディです。 

●生でも美味しい・クッキングトマト 糖度が8度前後と酸味のバランスが良く、果肉が充実しているので生食でも美味しくいただけます。調理利用では、ご家庭でも使いやすい幅広い料理に対応できるクッキングトマトです。 そんなシシリアンルージュですが、まだまだ絶対量が少なく貴重なトマトです。多くは大都市圏の百貨店や有名なレストランくらいにしか流通していません。北海道食彩マルシェ ようせいの贈りものではそんな貴重なトマトやシシリアンルージュ100%のトマトピューレ「ルージュの妖精」を取り扱っております。 生のトマト以上に使いやすくしたピューレ「ルージュの妖精」を使って更にお手軽にご使用いただけるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事